全国福利厚生共済会を始める前に知るべきデメリットとは!検証してみた!

友達から嫌われるのが怖くて、なかなか声をかけられないあなたへ(タップ)

友達が全国福利厚生共済会のネットワークビジネスに参加すべきか迷っています。

ネットワークビジネスにはメリットもありますが、デメリットもありますよね。

そこで後悔しない為にも、実際にどんなメリットやデメリット、問題点などがあるのか検証してみました。

全国福利厚生共済会のメリットって何?

働かなくても報酬が発生する仕組みがある!

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスを始めるにあたって最大のメリットといえば、何といっても働かなくても収入が得られる権利収入の存在が大きいです。

子供の教育資金の準備や老後の生活資金不足など、この先の不安は尽きません。何があるかわからない世の中です。働けなくなっても、毎月得られる収入があれば安心ですね!

隙間時間・自由な時間で仕事が出来る!

時間に縛られず仕事が出来るという事は、特に小さい子供がいるママさんやサラリーマンにとっても、自分のペースで対応できるのはやはり大きなメリットです。

副業で参加出来る!

働き方改革の影響で、社員の副業を認める会社が増加している影響もありますが、本業の収入を補いたいと土日や夜のバイトなどをしている人を多く見かけるようになりました。

その中で、時間に縛られず都合の良い時間で出来るネットワークビジネスは、副業にするのにとてもいいと思います。

誰でもすぐに参加できる!

学歴や経験も関係なく、また難しいスキルも要らないのですぐに始められるのも大きなメリットです。未成年者については基本NGです。

学生に至っては”参加したい”という本人の強い意志があり、尚且つ当人の経済力で取り組むことが出来れば!というのが大前提です。

良質の製品が多い!

ネットワークビジネスの商品の値段って若干高めかも。

でも唯一無二の製造技術や特許などを持っている商品が多く、とってもクオリティが高いんです。だから商品だけ購入したいって方も結構いらっしゃいます。

そんな愛用者だった人が、ビジネスに参加するパターンも実は多いんです。

全国福利厚生共済会のデメリットって何?

ネットワークビジネスってイメージ悪い!

ネットワークビジネスってどう思いますか?

あなたもやっぱり悪いイメージを持ってますか?

未だに、違法のねずみ講や悪徳マルチ商法と同じものだと誤解している人が多く誤った認識のまま、漠然とネットワークビジネスは悪いものと思っている人が多いことも大きなデメリットといえるでしょうね。

収入になるまで時間がかかる!

成果報酬型のビジネスなので、収入になるまでに時間がかかるのはしかたがない事なんです。

そういう意味ではハッキリとデメリットといえますね。

ですので、すぐに収入が欲しい人には向いていません。やり方にもよりますが最低でも半年以上かかります。

すぐに欲しい方は違うビジネスにご参加ください。

口コミ勧誘で友達なくす!

「口コミ勧誘して友達なくした・・・」なんて話よく耳にします。

ネットワークビジネス=口コミ勧誘当たり前の時代もありました。

全てのネットワークビジネスではありませんが、昨今ではネットやSNSを使って、興味のある人だけを対象にした勧誘方法も解禁されています。

ですのでデメリットとは言えなくなってきています。

投資は必要!

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスには、初期投資や定期購入などが発生します。

商品を毎月、定期購入し続けなければいけないという暗黙のルールがあり、報酬をもらうには、一定のポイント以上商品を買い続けなければならないので、デメリットともいえるでしょう。

でも商品を通じて、健康になったり、美しくなったりすることで全てデメリットとは言い切れないかもしれません。

また、報酬を受け取れて、毎月の定期購入分や、初期投資分が回収できればメリットに変わりますね。

まとめ

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスでは、メリットもありますがデメリットもあります。

良い部分をだけを伝えることは、相手に魅力を感じてもらうためには必要なことなのですが、これをやりすぎてしまうと誤解を生み、結果気まずくなってしまうことがあります。

しっかりデメリットの部分も伝えつつ、ネットワークビジネスの仕組みをきちんと伝えていきましょう。

ネットワークビジネスは地道な人が成功すると言われています。

大事なことはコツコツ積み上げる事! 諦めずに取り組むことで、将来の安定した収入源になるのです。

納得がいけば参加されてみてはいかがでしょうか?

全国福利厚生共済会などの、ネットワークビジネスは稼ぐことが難しいと評判です!

しかし、実際にネットワークビジネスの世界にも成功者がいることは事実。

成功への道を拓くためには、今までのやり方から発想を大きく転換する事が必要なんです。

ぜひネットワークビジネスに対する正しい考え方と方法を理解して、成功に一歩でも二歩でも近づきましょう。

全国福利厚生共済会でネットワークビジネスをするべきか?

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスを始めるメリットは、何といっても権利収入が得られることです。

権利収入とは、権利によって自動的に入ってくる収入のことで、遊んでいても寝ていても、定期的な収入が入ってのです。病気やケガで入院することになっても心配する必要がないなんて理想のビジネスですよね。

そしてネットワークビジネスは、学歴や経験は関係なく誰でもビジネスに参加できます。いくつになっても年齢関係なく参加できるのは、定年を迎える世代の方も大変助かります。

また時間にも左右されず自分のペースで出来るので、小さい子供がいるママさんや、介護などで自由に外で働けない人などにもネットワークビジネスはおススメといえますね。

全国福利厚生共済会の評判はいかに?

では全国福利厚生共済会に限らず、ネットワークビジネスはなぜ、一般的に悪い評判が付きまとうのでしょうか?

全国福利厚生共済会をネットで検索すると「ねずみ講」「被害」「しつこい」などのキーワードが出てきて、余計に不安が増すばかり。

「しつこく勧誘された」「強引に誘われて契約してしまった」など評判が悪い体験談を載せている人もいるので、あながち嘘では有りません。しかしこれは、過去に一部のメンバーなのど違反行為があった為です。

また、全国福利厚生共済会に勧誘されている人たちが事前に、評判や被害例、実態は、など全国福利厚生共済会について知りたいがためネットで調べているから、そのようなキーワードが出てくるのだと思われます。

全国福利厚生共済会はねずみ講なのか?

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスは、日本では連鎖販売取引と呼ばれる販売形態のことで、それをマルチ商法といいます。

別名マルチレベルマーケティング(MLM)とも呼ばれています。

このマルチ商法は、法律的には合法なのですが、ねずみ講と類似していることから、たびたび違法と勘違いされています。

マルチ商法とねずみ講の違いは、マルチ商法は販売組織を構築するビジネスで、ねずみ講はお金を作ることだけが目的の金融配当組織です。

またよく誤解されるのは、ネットワークビジネスおいては、ねずみ講のように先に始めた会員ほど儲かり、最後に入った会員は必ず損をする事になるというのは、正しい知識ではないんです。

そういうところもネットワークビジネスのイメージや評判を悪くしている要因ですね。

【口コミ不要】のネットを使った最新ダウン構築法とは!!(タップ)

全国福利厚生共済会の商品を好きになる!

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスを始めるにあたって、どこでも同じように商品を扱っているし、どこも同じだと思っていませんか?

もしあなたがそう思っているのなら、最初から大きくつまずく可能性があります。

ネットワークビジネスの基本は、商品が売れることによって収入が発生します。

あなたは自身が、その商品を使っていなかったり、良いとも思わない商品を人に薦められますか?また逆に、そんな人から薦められた商品を買いたいとは思いませんよね!

まずは商品を気に入り、人に伝えたいと思うことによって、販売意欲も増してくるのではないでしょうか?

全国福利厚生共済会で商品を選ぶポイントは

取り扱う商品の何に気をつけたら良いのか。いくつかポイントをあげてみました。

・安定した収益を出し続けられる商品があるか?

・商品価格が無理なく続けられる金額かどうか?

・その商品が唯一無二の製造技術や特許などを持っている商品か?

・毎日使ったり、食べるなどの消耗品があるか?

など、まだまだ上げればキリがありませんが、今のニーズにマッチしていて、商品コンセプトがしっかりしている事がポイントですね。

全国福利厚生共済会で成功に導く鍵は!

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスで、とても良い商品に出会いました。とても良いものなので、次々と身近な人を勧誘しました。・・・・でもうまくいきませんでした。となるのが関の山です。

いくら信頼関係が出来ていても、興味がないものをゴリ押しされれば、みんな引きますよね。

こちらは凄く良いと思って紹介しても、知人には「この人は、私を利用しているの?」と思われて、最悪疎遠になることもあります。

そんなことを避けるためにも、まず自分が全国福利厚生共済会をしていることを知ってもらい、相手の反応を見ながら興味があるのが解ればビジネスの話をしてもいいのかもしれません。まずは、家庭の悩みや将来の夢など詳しくリサーチしてから話をすると、少なくても信頼関係を崩すことは避けられます。

では一体誰を勧誘すればいいのでしょうか?それはズバリ、SNSなどのネットワークを介してビジネスしたい人や共感してくれる人を募ればいいんです。

仕事はしたいけど子供が小さかったり、介護などで家を空けられない人、将来が不安な人など、仕事や副業を捜している人にダイレクトに発信できますからね!

そうして巡り合った人達と、ノウハウを共有し情報をシェアし合いながら、人から人へ正しいやり方や考え方を伝授していければ、成功へのポイントは計り知れなく高くなるのです。

そしてなによりも継続すること!すぐに報酬が欲しい人には厳しいかもしれません。ひたすら続けて行くことが、成功を握る鍵なんです。

まとめ

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスは、国が認めている合法的な流通システムなので、嘘や偽りなく正直にキチンと伝えればなんの問題もありません。

また隙間時間を有効に使って始める事が出来るため、ネットワークビジネスのメリットや商品に魅力を感じている方も多いのですが、口コミでの勧誘が苦手という人や、すぐに収入にならないというデメリットもあり諦めてしまいがちです。

でも、口コミでの勧誘が苦手という人は、今はSNSなどを使って興味を持ってもらうことが出来るので、その点はクリアできそうですね。

ネットワークビジネスを始めるにあたっては出来れば2~3年以上の長いスパンで考えてください。

最初は大変かもしれません。でもその時間と労力は、やがてあなたが思い描く未来への投資となります。それが権利収入です。ですので初めは副業として始められることをお勧めします。

もう友達は勧誘したくない、その悩み解決しましょう!

ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。ビジネスを切り出せない。勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。

でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

オンラインで人脈が無限に増えていく、驚きの方法を知りたくないですか?(タップ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする