モリンダの勧誘がしつこいと感じたら!スマートな断り方を伝授

SNSで人脈を増やせる!在宅で稼ぐ代理店ビジネスとは?(タップ)

今までモリンダなどのネットワークビジネスのしつこい勧誘に遭ったことはありますか?
近年では、我々の生活の周りにたくさんの勧誘が潜んでいます。

今回は、どういった状況でモリンダなどの勧誘が行われるのか。そして、上手でスマートな断り方を紹介させていただきます。

モリンダで友達からの勧誘がしつこいと感じたら

モリンダなどのネットワークビジネスで、友達からの勧誘がしつこいという経験をお持ちの方が多いと想います。

久しぶりに同級生の友達から連絡が来たと思ったら、モリンダなどのしつこいお誘いだった…。友達からのお誘いで喫茶店に行ったら知らない方もいてモリンダなどのしつこい勧誘だった…など、歳を重ねるに連れてこのようなお話をよく耳にします。

こういったモリンダなどのネットワークビジネスでの友達からの勧誘がしつこいと感じたら、しつこく勧誘してくるその友達とは距離を置くことが大切です。
友達だからといって、親切心から深く話を聞いてしまうと勧誘が更にしつこくなります。

近年モリンダなどのネットワークビジネスは、どんどん大きくなり様々な形で私たちの周りに存在します。

いくら仲の良かった友達と言えども、興味が無いのであれば「自分はモリンダなどのネットワークビジネスには全く興味が無く参加をする気もない」という強い信念を持ち続けることが大切です。

お茶の誘い&セミナーへの誘い

モリンダなどのネットワークビジネスでは、生活の様々なところに勧誘が潜んでおります。

例えばよく聞くのが、久しぶりの友達からお茶の誘い、やセミナーへの誘い!気楽な気持ちで参加をしたら、なんとモリンダ勧誘だった。

まさか自分がモリンダなどの勧誘をされるとは思っていなかったようで、とても驚きました。

こういった、目的を告げずに勧誘することは違法なので、相手にきっぱりと注意しましょう。

相手も納得する、しつこい勧誘の断り方

では、こういったモリンダなどのしつこい勧誘への断り方を紹介します。

まず、モリンダなどのしつこい勧誘をしてくる方は、基本的に何を言っても自分の軸がブレません。自信を持って全力で勧誘をしてきます。

しかし、こういったモリンダなどのしつこい勧誘にとっておきの断り方はしっかりと存在します。
以下の3つのポイントがしつこい勧誘の断り方です。

・モリンダなどのネットワークビジネスには興味が無いことを伝える
・モリンダなどの勧誘を今後もするのであれば、もう会えないことを伝える
・反論や曖昧な返答はせず、上記のことだけを伝える。

この3つのポイントが、モリンダなどのしつこい勧誘の断り方です。

ここで大切なことは、絶対に曖昧な返答をしたり話をなんとなく流したり、話を掘り下げたりしないで下さい。

これらの誤魔化し方では相手に全く通用しません。
ましてや、反論などをするとさらにしつこい勧誘に襲われます。

強い心を持って、ハッキリと「興味が無い」、いわゆる「NO!」という気持ちだけを伝えることが1番の断り方です。

まとめ

今回は、モリンダなどのネットワークビジネスのしつこい勧誘事例や断り方を、紹介させていただきました。

興味がないのにしつこく勧誘されれば、その友達との距離を置きたくなるのは当然です。

友達関係を悪化させない為にも、この記事で参考になる部分はぜひ参考にしていただき、トラブルをスマートに回避していきましょう。

また逆に自分がモリンダの勧誘をする場合は、必ず事前にモリンダの話をする旨を相手に伝えて、興味があるかどうかの確認をしましょう。

今は、どんどんグローバル化しています。興味ない人より興味がある人を!

SNSなどを通してのネット集客も考えてみてもいいかもしれません。

もう友達は勧誘したくない!代理店ビジネスでその悩み解決しましょう!

ネットワークビジネスを始めたけれど、勧誘できない、ただ商品を買うだけでビジネスを切り出せない。勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。

でも、自己消費が権利収入につながるビジネスで解決できるとしたら。その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

代理店ビジネスで真剣に権利収入が欲しい方限定!メルマガ配信中(タップ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク