クリエイティブメモリーズ・ジャパン・インクのヤバい噂は本当か?問題点を検証!

SNSで人脈を増やせる!在宅で稼ぐ代理店ビジネスとは?(タップ)

クリエイティブメモリーズ・ジャパン・インクなどのネットワークビジネス、一度は誘われた経験があるのでは?

商品は気になるけど、ビジネスとしてはちょっと手が出せない!「そもそもねずみ講じゃない?」「信用できるの?」と気になるところが多いはず。世間の評判もイマイチだし、ネットでググっても、ヤバい事しか出てこないし・・・・じゃあほんとにヤバいの!?。

そこで何故ヤバと言われるのか?問題点を探ってみました。

クリエイティブメモリーズ・ジャパン・インクがヤバいと誤解される件!

クリエイティブメモリーズ・ジャパン・インクなどのネットワークビジネスは、商品を口コミで販売したり、購入者を勧誘して販売員になってもらったりする販売形態をとっていて、マルチ商法やマルチレベルマーケティング(MLM)と呼ばれています。

特定商取引法の連鎖販売取引が適応されているネットワークビジネスは、厳しいルールが設けられていて合法なのですが、会員の増え方などの仕組みがネズミ講と類似して点があるので、ネットワークビジネス=ねずみ講、と誤解をして、結果ヤバいと感じている人が多いのも事実です。

そのような人を誘うと、逆に不審がられ敬遠されてしまうので、後追いせずに速やかに気持ちを切り替えた方がいいですね。

クリエイティブメモリーズ・ジャパン・インクは洗脳されている人が多い!?

クリエイティブメモリーズ・ジャパン・インクに限らずネットワークビジネスは、成功者のセミナーや、パーティーなど派手な演出をすることも多く、初めての人にはでキラキラな世界に映る事でしょう。

また成功者たちの話を何度も聞いたりする事で、成功したいというマインドが強くなり、より一層勧誘の誘いや商品の売り込み、買い込みが強くなるのかもしれません。

そんな姿を身内や知人は、お金も人間関係も失い痛い目に合っていると思い、かなり洗脳されている!と心配になることもあります。

洗脳されやすい人は確かに存在まします。少しでも違和感を感じたら、立ち止まって考える冷静さも必要ですね。

クリエイティブメモリーズ・ジャパン・インクの問題点を確認してみよう

クリエイティブメモリーズ・ジャパン・インクなどのネットワークビジネスを始めるにあたって、他にヤバいと誤解される問題点をまとめてみました。

久しぶりの友達からお茶の誘い。お店に行ったらビジネスの勧誘だった。なんて経験はありませんか?身近にある話かもしれませんが、勧誘目的を伝えずに相手を誘う行為は立派な違法行為なるので注意してください。

また、強引な勧誘をしたせいで、交友関係が悪化した!なんてこともよくある話です。

お金にまつわる話では、初期費用が思ったよりかかったり、買い込みさせられたなど、ビジネスに関する説明不足からトラブルになることもあります。

過去には、契約するまでしつこく連絡し続けたり、強引に契約まで結びつけてくるモラルのない勧誘員もいたことも事実です。

当然、不快な想いをした経験がある人にとっては、良いイメージは持ちませんよね。また悪い噂は広まりやすいので、まだビジネスを始めていない人にとっては、悪いイメージが事前に植え付けられて、ヤバいビジネス!ヤバい人!というレッテルを貼られてしまいます。

ビジネスに誘う場合は、このような問題点を考慮して、無理強いせず相手が納得したうえで誠心誠意対応すれば、互い気持ちよくビジネスを始められ、ヤバいという噂は立ちにくくなります。

まとめ

ネットワークビジネスは、なにかと悪い印象を持たれやすいビジネスですが、比較的簡単に始められ、魅力的な商品も多く、成功すれば権利収入を期待できる素晴らしいビジネスです。しかしやり方によっては、誤解を招きやすいビジネスであると言えます。

日頃から人脈が多く、人と交わることが好きな人には向いているビジネスだと思いますので、常に相手に寄り添って、協力し合えば大きな組織を作ることが出来るでしょう。

もう友達は勧誘したくない!でも権利収入は欲しい!その悩み解決しましょう!

ネットワークビジネスを始めたけれど、勧誘できない、ただ商品を買うだけでビジネスを切り出せない。勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。

でも、自己消費が権利収入につながるビジネスで解決できるとしたら。その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?


代理店ビジネス真剣に権利収入が欲しい方限定!メルマガ配信中(タップ)

スポンサーリンク